おしゃれはヘアスタイルから!

アイテムを使ってロングヘアスタイルに変化をつけよう

time 2021/02/13

アイテムを使ってロングヘアスタイルに変化をつけよう

コテはマストアイテム!

ロングヘアスタイルに変化をつけたい場合には、コテを使うのが最も良いでしょう。コテは、自然にはつけることができないカールを作ることができる点で魅力的なアイテムです。
使い方としては、まず髪の毛をしっかりととかします。とかし方がいい加減だと、きれいにウェーブを作ることができません。ブラッシングを丁寧に行った後には、コテに電源を入れて温めましょう。温度設定は種類によっても異なりますが、概ね150度から200度位までは設定可能になります。効果的にウェーブをつけて、しかも髪を傷めない温度として妥当なのは、160度から180度程度と言われています。
髪の毛が濡れていると髪の毛を痛めてしまうため、しっかりと乾燥させた後に軽くウェーブを作りましょう。この時、細かいウェブを作りたい場合には、直径が19ミリ程度のコテを利用すると良いでしょう。逆に、緩やかなウェーブを作る場合には直径が39ミリのものを利用すると良いです。

アイロンも必須!

ヘアアイロンを使っても、ロングヘアースタイルに変化をつけることが可能です。ヘアアイロンを使う場合には、十分にブラッシングして乾いた状態にしておきます。ヘアアイロンを使う前に、内巻きにするか外巻きにつくするかを事前に決めておくことが大事です。思いつきでやると、左右で違った巻き方になってしまいバランスが悪くなる可能性があります。
内巻きにしたい場合には、髪の毛の先端にヘアアイロンを挟みます。この時、手前側にヘアアイロンを巻くと内巻きパーマが完成します。逆に、後側に向かって巻いていくと、外巻きの完成です。
前髪に変化をつけたい場合には、同様にアイロンを使うことでカールさせることもできますが、額にアイロンがついてしまうと火傷をしてしまいます。これを防ぐためには、額にターバンやタオルなどを巻くと良いでしょう。”

ヘアカラーの豆知識

自分に似合うヘアスタイルの見つけ方