おしゃれはヘアスタイルから!

ヘアスタイル用語集:ハイライト、メッシュ

time 2021/05/21

ハイライト、メッシュ

ハイライトとは?

美容院に通う目的としては、髪の色を変えることもあげられます。髪を染めるときは全体を均一に染めることも多くなっていますが、一部の髪色を変えることもあり、その施術をハイライト、メッシュなどと呼んでいます。どちらも同じような施術というイメージもありますが、その目的には違いがあります。まず、ハイライトは全体の髪色となじむ色を使うことで、全体的に立体感を出す施術です。細かい毛束を全体に細かく全体的に入れることで、立体感が増しますし、白髪がある場合はそれを目立たなくする効果も期待できます。ヘアスタイルでは巻髪も女性に人気がありますが、巻いた髪をよりおしゃれに見せるのにも役立つ施術です。髪全体よりも明るい色を入れるので、先にブリーチをしておくことも多くなっていますが、元の髪色が暗めの場合はブリーチをせずに施術をすることもあります。

メッシュとは?

メッシュも、一部の髪色を変えることではハイライトと同じです。ハイライトは全体に細かな毛束で全体に多く入れていくことになりますが、ハイライトは全体に目立たないよう、元の髪色となじませるように入れるのが特徴的ですが、メッシュの場合は色を変えた部分を目立つように、より太い毛束でワンポイントのようにカラーリングすることが特徴的です。ハイライトの場合は髪の色となじみの良い色が選ばれますが、メッシュの場合はピンクなどのビビッドなカラーが選ばれることも多くなっています。全体の髪色よりもかなり明るい色になるので先にブリーチをしておくことが多くなっています。奇抜なカラーを選ぶ場合も、襟足部分のみに入れるなど工夫すると、派手になり過ぎず、より自然になじませることができます。どちらも似たイメージがありますが、仕上がりにはかなり差がある施術です。

ヘアカラーの豆知識