おしゃれはヘアスタイルから!

何が違うの!?ボディパーマ、デジタルパーマ

time 2021/06/17

ボディパーマ、デジタルパーマ

ボディパーマとデジタルパーマの違い

パーマは男性にも女性にも人気のあるヘアスタイルですが、一口にパーマと言っても、さまざまな種類があります。ボディパーマやデジタルパーマも、このヘアスタイルの種類の一つですが、それぞれ内容が全く異なっています。ボディパーマとは、髪の毛の根元の部分を立ち上げることを目的にしているヘアスタイルのことです。通常のものとの大きな違いは、髪の毛全体のボリューム感をアップさせることができることです。その一方でデジタルパーマは、通常のものをさらに長持ちさせるためにおこなわれる、特別な技術のことを意味しています。普通のものは、比較的短時間で髪が元の状態に戻りますが、パーマをかけてから、さらにデジタルパーマをかけることで、カールした髪の毛の状態を長時間維持することが可能です。髪の毛に熱を加えて加工することで、カールの状態を保ちやすくできます。

どっちを選んだらいいの?

ボディパーマとデジタルパーマは、かける人の髪質によっても最適なものが異なります。髪質にボリュームがない人に最適なのがボディパーマで、髪の毛を根元から立ち上げるようにカールをつけるので、髪の毛全体のボリュームがアップしたように見えます。髪全体の量が少ない男性だけでなく、髪の毛が細い女性にも向いているヘアスタイルです。直毛で髪のボリュームが少なく見える場合にも向いています。その一方でデジタルパーマは、パーマをかけた部分を長時間持続させたいときに最適なヘアスタイルです。パーマをかけてもカールした部分が元に戻るのが早めな人も、デジタルパーマを一緒にかけることで、カールがとれにくくなります。髪の毛を水に濡らす機会が多い人なども、何もしないとカールがとれやすくなりますが、デジタルパーマをあてることで、髪に負担をかけてもカールが長持ちしやすくなります。

ヘアカラーの豆知識